東野圭吾原作の映画・ドラマを見るなら?U-NEXT

2016年11月09日

祈りの幕が下りる時

ふと本屋に行くと?
祈りの幕が下りる時



恋のゴンドラ?

が並んでいました。

で、文庫で安いほうである
祈りの幕が下りるときを
購入。

本日読了(´・ω・`)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)


で、感想は?

これ、やばい!

というのがまずあります。
新参者や
麒麟の翼
でおなじみの?

加賀恭一郎刑事のルーツというか、
昔の話?

なんですが。

いやこれ、
やばいって!

何が?

後半、泣けますって(/_;)

最初から中盤にかけては、

「???」

って感じでした私。

この人と、

この人。

うーん。
つながりようがなくね?

って思って、でもそんなはず
ないんだから結局つながる
はずなんだけどねw

なんて思いながら読み進めて
いったんですが。

いやー。。

最後の20〜30ページはまさに!

「親子の絆」

ということを考えさせられるというか。

近所の喫茶店にて読んでいたんですが、
危うく泣いてしまうところでしたw


というわけで?


おすすめです|・ω・) ソー


ちなみに。
昔わたし、滋賀県は彦根市に
住んでいたことがあるんです。
滋賀県彦根市
滋賀県は彦根市が話で取り上げられて、
ちょっと興奮w

いや、興奮というよりは?
懐かしい感情にかられましたw

嫁連れて
近江八幡
行こうかな

↑街並みが好きなンデス(*ノωノ)
posted by 東野圭吾 at 21:57| 東野圭吾 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

使命と魂のリミット 感想

指名と魂のリミット。
読みました。
使命と魂のリミット (角川文庫)
使命と魂のリミット (角川文庫)

病院ものですが、わりとさくさく
読んじゃいました(/・ω・)/

簡単な内容は?

中学生の頃、主人公・夕紀の父親が
大動脈瘤の手術がうまくいかず亡くなります。

父親みたいな人を1人でも救いたい
と思い心臓血管外科となるが、
実は父親の手術は過失ではなく、
意図して失敗したのでは?
という疑念が消えずにいます。

なぜか?
父親の手術が決まってから、
手術を担当する西園と
母親が喫茶店で話しているのを
夕紀は目撃していました。

そして10年経った今、
西園と母親は恋人関係にあったのです。

だから、そういう話をセッティングしようと
西園院長は動くわけですが、
気持ちとしてスムーズに受け入れられずに的な。


ま、それはさておきw

そんな病院に脅迫文が届くようになります。

いったいなぜ?
なんのために脅迫文が届くのか?

さらに!
本当に自分の父親は過失で亡くなったのか?
それとも、故意に手術失敗という形で
殺されたのか??

最後まで目が離せません(/ー\*)


この話がすごいのは、
2つのストーリーがなんかこう、
交わるというかいい感じに
つながるというか。

そんな偶然、ないやろ?
って思うかもしれませんけどw

私の場合、あまり深く考えずに一気に
読んでしまうタイプの人間なのでw

満足なのですw
posted by 東野圭吾 at 16:56| 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

美しき凶器

湊かなえさんの
「Nのために」
を読みたくて本屋さんに行ったら?

なくてw

代わりに目に入ったのが?
東野圭吾さんの美しき凶器。
美しき凶器
美しき凶器 (光文社文庫)

というわけでほぼ一晩で読んで
しまいました(/・ω・)/

ダブルエックス 美しき凶器ではない
ほうですw

テーマは簡単に言うと
「ドーピング」
なんですが。

ドーピングが生んだ悲劇というか。

最後が切ないですね〜。

最初読んだ時は
「ん?」
「えっ??」
「それって、つまり??」

という感じで頭の中に
「?」
マークが浮かんでは消えましたがw

書評を読んでも具体的な解説は
無かったので、あとはもう、
勝手に推測しましたです、はいw

個人的には、一気に読めるので
暇つぶしとしてはもってこいですね〜。
posted by 東野圭吾 at 10:42| 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
東野圭吾」の先頭へ